初めてのアレクサはどれがいい?私のおすすめは「Echo Show 5」理由はこちら

MacBook AirとMacBook Proの違いを比較|買って後悔した8GBメモリ

MacBook AirとMacBook Proの違いをまとめて比較|カスタマイズは必要か
  • URLをコピーしました!

[PR]本ページはプロモーションが含まれています

私は、MacBook Airをカスタマイズなしの標準モデルで買ったので後悔しています。

後悔した理由は8GBのメモリでは使い物にならなかったことです

仕事で使うのであれば、最低でも16GBないと支障があります。(動画編集しません)

とはいえ、16GBにカスタマイズするにはApple Storeで購入するしかなく、学生ではない私はApple Storeで定価買うしかありません。

標準モデルであれば、Amazonや量販店でポイント還元を加味して学割並にお得に購入できるのです。

>>MacBookを安く買う方法!Amazonセールで学割以上にお得に買える!

そこで、MacBook AirとMacBook Proの標準モデルの違いを比較してみました。

結局、私はMacBook Pro(M2Pro)が16GBの標準モデルだったので買い直し満足しています。

私が買って後悔したことと、同じ後悔をしないために、あなたのMacBook選びの参考になればうれしいです。

Amazon Apple(ストア)のMacBook Air M2チップ

Amazon Apple(ストア)のMacBook Air M2チップ

通常価格164,800円(5% 8240ポイント還元)

Apple M2チップ MacBook Air 2022 13インチ 8コアCPU 8コアGPU 256GB SSDストレージ

※2023年6月時点の商品情報です。

目次

MacBookで1番売れてるのはカスタマイズなしの標準モデル

MacBookはカスタマイズなしの基本が1番お得に買える
MacBook Air13とMacBook Pro14標準モデル

MacBookは、Apple Storeで購入すると、オプションを付けてカスタマイズできます。

アップル製品は、型落ちや、整備品以外の値下げをしていないので、値崩れしません。

それでも、安く買いたい場合は、MacBookをカスタマイズせずに標準仕様で買うのがおすすめです。

吊るし(つるし)

「吊るし」は、標準仕様のまま、オプションなどを付けてカスタマイズしていない製品のこと。

標準モデル・基本スペック・ベーシックタイプ・既製品です。

カスタマイズしていないMacBookの標準モデルは、既製品なのでAmazonセールでお得に買える製品となります。

MacBookを安く買う方法について詳しくはこちらの記事で書いています。

MacBook AirとMacBook Proの標準モデルで比較

MacBook AirとMacBook Proの標準タイプで違いを確認
MacBook Air13とMacBook Pro14の厚み比較

カスタマイズ不要のMacBookなら、Amazonや量販店で購入できます。

標準モデルで満足できるなら、オプション代金も発生しないので、費用が余分にかかることもありません。

なのでカスタマイズしなくても後悔しないスペックの機種を選ぶと、お得に買えます。

MacBook AirとMacBook Proの両方を買って使ってわかったことですが、やっぱりMacBook Airはエントリーモデルであって、気軽に買えるMacBookの入門編の位置付けです。

「軽い作業なら、MacBook Airで十分だよ。」という意見がありますが、私はそうは思いません。

仕事として(副業であっても)使うのであれば、たとえ動画編集をしなくてもMacBook Airではキツいこともあると、覚悟した上で購入した方が良いと思いました。

仕事で使うなど、毎日数時間使うのであれば、MacBook Proがおすすめです。

後ほど詳しく説明していきますね。

それでは、カスタマイズしない標準のままの製品情報でMacBook AirとMacBook Proを比較してみます。

MacBook AirとMacBook Proの大きさ・重さ・サイズ感の違いもまとめて比較

スクロールできます
13インチ
MacBook Air(M1)
13インチ
MacBook Air(M2)
15インチ
MacBook Air(M2)
13インチ
MacBook Pro(M2)
14インチ
MacBook Pro(M2Pro/Max)
16インチ
MacBook Pro(M2Pro/Max)
MacBook M1MacBook Air M2MacBook Air M2MacBook Pro M2MacBook Pro M2MacBook Pro M2
発売日2020年11月17日2022年7月15日2023年6月13日2022年6月24日2023年2月3日発売2023年2月3日発売
価格134,800円(税込)〜164,800円(税込)〜198,800円(税込)〜178,800円(税込)〜288,800円(税込)〜348,800円(税込)〜
カラーMacBook Airの色 カラーMacBook Airの色 カラーMacBook Airの色 カラーMacBook Proの色 カラーMacBook Proの色 カラーMacBook Proの色 カラー
基本スペックM1チップ
8コアCPU
7コアGPU
8GBメモリ
256GB SSD
M2チップ
8コアCPU
8コアGPU
8GBメモリ
256GB SSD
M2チップ
8コアCPU
10コアGPU
8GBメモリ
256GB SSD
M2チップ
8コアCPU
10コアGPU
8GBメモリ
256GB SSD
M2 Proチップ
10コアCPU
16コアGPU
16GBメモリ
512GB SSD
M2 Proチップ
12コアCPU
19コアGPU
16GBメモリ
512GB SSD
画面サイズ13.3インチ13.6インチ15.3インチ13.3インチ14.2インチ 16.2インチ
本体サイズ幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
高さ:0.41~1.61 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.5 cm
高さ:1.13 cm
幅:34.04 cm
奥行き:23.76 cm
高さ:1.15 cm
幅:30.41 cm
奥行き:21.24 cm
高さ:1.56 cm
幅:31.26 cm
奥行き:21.24 cm
高さ:1.56 cm
幅:35.57 cm
奥行き:24.81 cm
高さ:1.68 cm
重量1.29 kg1.24 kg1.51 kg1.4 kgM2 Pro:1.6 kg
M2 Max:1.63 kg
M2 Pro:2.15 kg
M2 Max:2.16 kg
解像度2560×1600 (227ppi)2560×1664(224ppi)2,880×1,864(224ppi)2560×1600 (227ppi)3024×1964 (254ppi)3456×2234 (254ppi)
画面RetinaディスプレイLiquid RetinaディスプレイLiquid RetinaディスプレイRetinaディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイLiquid Retina XDRディスプレイ
ポートUSB-4ポートx2
ヘッドフォンジャック
USB-4ポートx2
MagSafe 3ポート
ヘッドフォンジャック
USB-4ポートx2
MagSafe 3ポート
ヘッドフォンジャック
USB-4ポートx2
ヘッドフォンジャック
USB-4ポートx3
HDMIポート
SDXCカードスロット
MagSafe 3ポート
ヘッドフォンジャック
USB-4ポートx3
HDMIポート
SDXCカードスロット
MagSafe 3ポート
ヘッドフォンジャック
音質ステレオスピーカー
ドルビーアトモス対応
4スピーカーサウンドシステム
・ドルビーアトモス対応
・空間オーディオ
・6スピーカーサウンドシステム
・ドルビーアトモス対応
・空間オーディオ
・ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
・ドルビーアトモス対応
・空間オーディオ
・6スピーカーサウンドシステム
・ドルビーアトモス対応
・空間オーディオ
・6スピーカーサウンドシステム
・ドルビーアトモス対応
・空間オーディオ
セキュア認証Touch IDTouch IDTouch ID
Touch BarとTouch IDTouch IDTouch ID
ユニファイドメモリの大きさが重要ポイント
MacBook AirとMacBook Proの違いをわかりやすく画像で確認するにはこちら→をクリック
こちらはオプションなしの標準スペックです

Apple Storeで購入時に限り、ユニファイドメモリの増設カスタマイズが可能です。

CPUの性能は価格が高いほど、良くなる傾向にあります。

M1 < M2 < M2 Pro < M2 Max

以下、Apple Storeでオプションするのに、必要な追加金額です。

MacBookのオプション価格(ユニファイドメモリは16GB欲しい)

MacBookオプション価格表

プロセッサはMacBook ProのM2 ProチップをM2 Maxに追加オプションで変更することが可能です。

※M2 Maxチップは、動画編集の収入で生活している人以外には、不要な高スペックです。

ストレージは、Amazon Appleストアでも増設可能ですが、正直言って、ストレージは外付けSSDで代用できます。

でも、ユニファイドメモリは、MacBook購入時にApple Storeでカスタマイズする以外に増やす方法がありません。

ユニファイドメモリが8GBしかないと、仕事で使うにはキツいです。

MacBookにディスプレイを接続するなら欲しいHDMIポート

MacBookのポート
MacBook Proのポート14インチ・16インチ

MacBookを、ディスプレイモニターに接続して使うのであれば、HDMIポートはあった方が良いです。

MacBook Airには、HDMIポートがないので、私は、数少ないタイプC(USB4ポート)で接続できるディスプレイモニターを買って使っていました。

ところが、接続が不安定で、毎日毎日ストレスだったのです。

MacBook AirにはUSB4ポート(タイプC)のポートが2つしかないのに、ひとつをディスプレイモニターで使用してしまうので、一つ残ったUSB4ポートにUSB-Cハブ接続で増設して使っていました。

MacBook AirからMacBook Proに買い替えた理由【熱い】

MacBook AirからMacBook Proに買い替えた理由【熱い】
MacBook Airはキーボードの上段あたりが熱くなる

2020年の12月に、MacBook Air(M1)をAmazonで購入しました。

MacBook Airは、MacBookのエントリーモデルとして最適でした。

Windowsしか使ったことのない私は、生まれて初めてMacBook Airを使って、使いやすさに感動。

でも、翌年の夏はMacBook Airが熱々で、動きもカクカクになるというまさかの衝撃に変わったのです。

私以外の人たちは、M1は熱くならないしカクカクしないといいます。

使い方が違うんでしょうか。

私は動画編集は一切していません。

強いていえば、ブラウザのタブを2〜30個くらい開きっぱなし。

Appleサポートに確認してみたところ、タブの開きすぎが致命的な使い方のようでした。
メモリは机の広さに例えられ、タブやアプリを起動すれば、その分作業スペースがなくなるというわけです。

おまけに、MacBook Airには、冷却ファンが付いていないのです。

MacBook Airを購入する際に、メモリを16GBに増設しておくべきだったと後悔しました。

しかし、よくよく考えてみると、Amazonで購入するとMacBookのカスタマイズはできません。

Apple Storeが定価でも売れ続けているのは、カスタマイズしたい人がApple Storeで買うからだと妙に納得しました。

まとめ:MacBookの後悔しない選び方は使い方で決まる

まとめ:MacBookのカスタマイズ不要でも後悔しない選び方

ここまで、MacBook AirとMacBook Proの違いを見てきました。

MacBook Airは価格がリーズナブルで、エントリーモデルとして十分に魅力的です。

色展開も多くて、軽いし、MacBook Airで熱くならずに使える人がうらやましい。

もしあなたが、趣味で使うのであればMacBook Airは、とてもおすすめです。

AmazonでMacBook Airを購入
私がAmazonでMacBook Airを購入した時の明細書

カスタマイズしない標準モデルであれば、Amazonで購入できるので、学割並みにお得に買うことも可能なのです。

稼ぐことに使うのであれば、次の2つの選択肢があり、わたし個人的には標準モデルの方がおすすめです。

ちなみに、価格を比較してみると…

  • MacBook AirをApple Storeで16GBにカスタマイズすると236,800円
  • Amazonセール時にMacBook Pro(M2Pro)を買うと、ポイント還元を割引に換算して265,000円(1番安く買える時だと260,000万円)

その差、23,000円ほど(詳しくは別記事を参照下さい。)

MacBook Proにはそれ以外にも冷却ファンがついていたり、HDMIのポートがついていたり、USB-4ポートが3つついていたり、空間オーディオ対応だったり、画像が良かったり、23,000円ほどの差では元が取れないほどの良さが詰まっています。

とはいえ、MacBook Proは、女性にはコクですが、かわいくはありません。

MacBook AirとMacBook Proの違いを比較
MacBook Proにピンクのキーボードカバー

私は、ピンクのキーボードカバーを付けて、ピンクのカバーを買って付けています^^。

とても安っぽくなってしまいましたが、MacBook Proには可愛いさを求める人が少ないらしく、可愛いアクセサリーは全部MacBook Airばかりで…、そんな残念なところもあります。重たいですしね。

というわけで、標準モデルを買うと、お得がいっぱいあるということが伝わったでしょうか。

わざわざカスタマイズしなくても、あなたのお気に入りのMacBookがお得に買えたなら、うれしいです!

Amazon AppleストアはApple公式ストアなので安心です。ご心配の方はこちらの記事を参考にして下さい。

MacBook AirとMacBook Proの違いをまとめて比較|カスタマイズは必要か

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次