Amazonをお得に買うなら自分にギフト券!チャージタイプ初回購入で1000円分還元キャンペーン

簡単解決!“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。

ISO-8859-1" は誤った文字コードです。utf-8で作成してください

おかしいなぁ、ちゃんと確認してutf-8で作成したはずなのに、エラーが出るのは何でかなぁ。

「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」のエラー

utf-8で作成したはずなのにエラーが出てしまう場合の対処方法について、エックスサーバーを使って説明します。
新デザイン画面だと、簡単に解決できるんです。

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」のエラー

文字コードはUTF-8で保存したはず。

ISO-8859-1″ は誤った文字コードです。utf-8で作成してください

ads.txtファイルが正しく設定されているかAds.txt 管理で確認したところ。

「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」のエラー

ISO-8859-1" は誤った文字コードです。utf-8で作成してください

なんで、どうして、どうしたらいいの?

通訳
通訳

なになに、ふむふむ…
どうやらそういう人って結構いるみたいだ。

「.htaccess編集」で、ads.txtの文字コードをUTF-8に変換するように指定すると回避するらしい…。

というわけで…

ISO-8859-1をutf-8の文字コードに訂正する方法

1)エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

「アカウント」ー「ホームページ」-「.htaccess編集」をクリック。

htaccessで、ads.txtの文字コードをUTF-8に指定する

2)ドメイン選択画面で対象のドメインを選択する

htaccessで、ads.txtの文字コードをUTF-8に指定する

「この機能は上級者向けの機能です」ちょっとビビりますが、行ってみます!

htaccessで、ads.txtの文字コードをUTF-8に指定する

「.htaccess編集」タブをクリックします。

「.htaccess編集」に以下の3行をコピペです。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>
“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

「#BEGIN WordPress」の上に貼り付けました。

確認画面へ進む」をクリック。

htaccessで、ads.txtの文字コードをUTF-8に指定する

実行する」をクリックします。

ISO-8859-1 utf-8 htaccess編集

「.htaccessの編集が完了しました。」で終了です。

ads.txtファイルが正しくアップロードできているか確認

ads.txtファイルが正しく設定されているかAds.txt 管理で確認します。

Ads.txt 管理

①ドメインを入力して

②「チェック」をクリックします。

Ads.txt チェッカー
うすピンク下やじるし
Ads.txt チェッカー ドメインを入力

下に「〇」が表示されて、上部にもエラーが表示されていないので、これで無事完了です。

「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」の解決方法まとめ

エックスサーバーの新デザイン画面では、サーバーパネルから「.htaccess編集」でテキストを追加するだけで解決しました。

エラーが表示されなくなるまで、しばらく待ってみて下さいね。
私の画面では、ちょうど24時間位でエラーが消えていました。

エックスサーバーの新デザイン画面は簡単で最高だね!

徹底解決Googleアドセンスads.txt ファイルの問題を修正アドセンスads.txt ファイルの問題を修正…3ステップで解決

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です